inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
12. Working with Nobu Matsuhisa

I heard about the restaurant NOBU in New York when I was still in Canada. One of my roommates told me NOBU was selected as the best restaurant in Zagat. I kept researching possible job opportunities in the US and thought I would like to work with Mr. Nobu Matsuhisa.

After 3 years in Kyoto I wrote a letter to Nobu. I wrote that I would like to work in the US but could not enter the country, would he please sponsor a visa for me? He actually wrote back saying, “I will open a restaurant in Tokyo. Would you like to come work there?”

Then I went to Tokyo using my only day off for that month. I worked a trial for a day and talked with Nobu. He told me he would hire me. However, I was in a responsible position at the restaurant in Kyoto and couldn't leave right away. That's why I started at NOBU Tokyo 6 months after it opened.

12. ノブ・マツヒサさんと働きたい

カナダにいた時に、初めてNOBUというニューヨークのレストランのことを知りました。ルームメイトのひとりが、NOBUっていう店が 日本料理で初めてZagatで一番に認められたを教えてくれたんです。京都での修行中もいろいろと調べていたのですが、「海外で仕事をするならノブ・マツヒサさんと仕事をしたい」と思っていました。

それで、京都で3年くらいしたときに、ノブさんに手紙を書いたんです。アメリカで働きたいのですが、今は入国できません。3年後にグリーンカードを取れるようにビザをスポンサーしていただけませんか、と書いたら「今度東京で店を出すことになったのでそちらに来る気はあるか」というお返事をいただきました。

それで、京都のお店の月に一日の休みを利用して東京に行ったんです。一日だけ働かしてもらって、話もさせていただき、雇っていただけることになりました。でも、その当時京都のお店で責任のあるポジションになっていたので、すぐには辞められない事情がありました。だから、僕はNOBU Tokyoがオープンしてから半年後に入ったんですよ。