inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
15. Back to California via NYC and Miami

When I started working in New York, I drew both attention and jealousy because Nobu brought me in. After a while, Nobu asked if I was interested in going to Miami. I took it as another challenge and agreed to go. I became the head chef there after one month. I liked Miami because there was a rich variety of fresh seafood and the living environment was wonderful. However, I still longed to return to California one day.

I had always told Nobu that I wanted to try again in California since I was deported before I had the chance. One day I wrote him a letter, “I still have regrets because I want to go back to California.” He understood and I left NOBU Miami.

I got many offers from different restaurants when I returned to California. I looked for a restaurant for 2 years until I was ready to start one of my own. Among the people I talked with, one was the owner of Sushi RAN. Some people told me it may not be a good fit but I decided to accept the offer mainly because of the owner's personality.

15. ニューヨーク → マイアミ → ノバトに原点回帰

ニューヨークで働き始めた頃、ノブさんが日本からわざわざ連れてきた料理人ということで、注目を浴び、また嫉妬もありました。その後、ノブさんから「マイアミ店に行ってみないか」という話がありました。 もっとチャレンジをしたいと思って、マイアミ行きを決めました。そして、一ヶ月引き継ぎをして料理長になりました。マイアミは豊富な魚介類が水揚げされ、自然も多く気に入っていましたが、いつかは再びカリフォルニアに行きたいという思いはずっとありました。

グリーンカードをノブさんにお願いする時からずっと伝えていたのですが、僕はノバトで強制送還になったので、グリーンカード取れたらノバトからもう一度スタートを切りたかったんですよ。「ずっと悔しいのが残っているから、いつかはカリフォルニアに戻りたい」と。それである日、ノブさんにそのことを手紙で伝えました。そしてご理解いただき、NOBUを去ることになりました。

ついにカリフォルニアに戻ることになって、いろんなレストランからお誘いを受けました。はじめは2年ほど、独立するまでの準備期間として働くつもりでいたんです。いろいろな人とお話をさせていただいたのですが、縁があってSushi Ran のオーナーともお話しすることになりました。高級店中心で今までやってきた料理との差があったので、Sushi RANに入店することを反対する人もいたのですが、最終的にはオーナーの人柄で決めた部分が大きいです。