inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
2. Taste origins

Simply said, it was the food I ate at home when I was small that I consider to be my taste origins. It was nothing like gourmet food, just regular things. Something like croquette my grandma made or my mom's homemade cooking. I always liked those comfort foods.

It is not the taste per se that I remember. In my memory, the food and the people who made it are always connected. What I remember is not the impression of when I ate something for the first time; it is the feeling that someone made the food for me. My dad passed away early, but he used to cook at times. It didn't matter if it was delicious or bad, I still have strong memories about my parents, grandma, or my aunt cooking for me with sincerity.

My parents are both from Kyoto, but I grew up in Osaka. I remember I tried Kyoto's sophisticated foods like tea with Japanese sweets, especially at my dad's parents' house. I have never formally learned the tea ceremony, but I experienced the bitter green tea like that used in the tea ceremony. These experiences gave me insight into traditional Japanese hospitality.

2. 原点の味とは?

簡単にいうと、家で食べていたものっていうことになっちゃうと思うんですよ。小さいとき、 もちろん高級食材ということでもなく、ほんとごくごく普通のものなんですけどね。たとえば、ばあちゃんが作ってくれるコロッケとか、母の手料理みたいな、ホッとする心安らぐ料理がすきだったんですよ。

味そのものというよりも、人と料理が結びついているという感じです。食べたことないという感動よりも、なんかこう作ってもらってるんだな、という感覚ですね。父が早く亡くなったんですけど、生前は父もたまに料理をしていました。美味しいとかまずいとかではなくて、両親や祖母とか叔母とかの気持ちの入った料理というのが僕の中で強く残っていますね。

両親ともに京都の出身なんですが、僕が育ったのは大阪です。小さい頃から、特に京都にある父方の家では、お茶とか和菓子であるとか、京都的なものを食べさせてもらった記憶があります。正式に習った訳ではないんですけど、幼稚園の時でもお抹茶を点ててもらって、苦いお茶を飲まされてみたいな感じで、よくわからないなりに、伝統的なおもてなしの心を体験していた部分はあるかもしれません。