inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
4. Deciding my career path

After my first year in college, I started to wonder if I would work in architecture the rest of my life. When I started taking specialized courses in my junior year I was more interested in cooking. Because I needed to make money as well, I worked so hard and stopped going to classes from my second year in college.

My grandparents, who lost their only son, felt strongly that I should graduate from university and opposed that I take the path of being a chef. My grandfather was a retired professor and did not think being a chef was an honorable career. My mother supported the path I chose, but she also wanted me to graduate university for the sake of my grandparents.

One day I was called by a professor. “How come you don't come to classes at all? What will you do in the future?” When asked, I decided to speak honestly. “I think it will be difficult to make a career in architecture, but I cannot quit university because of family circumstances.”

The professor not only understood my situation, he helped me prepare a path where I could keep working at my cooking jobs and still graduate from university. Because of his support, I was able to make up my mind and be a chef. I am still very thankful for this professor.

4. 進路を定める

たぶん大学一回生が終わったぐらいから「一生建築やっていくのはどうかな」と思っていたんですよね。三回生になったときにゼミが始まったんですけど、僕の興味は料理の方にいっていました。お金がほしいのもあってアルバイトばかりしていて、二回生 くらいからほとんど学校に行っていなかったんですよ。

当時、ひとり息子を亡くした祖父母は大学卒業にこだわり、僕が大学を辞めて料理の道に進むことを反対していました。大学教授をしていた祖父は、特に大反対でしたね。料理人イコール水商売というように、あんまりいい仕事じゃないっていう印象があったんですね。母はやりたいことをやればいいという感じでしたけど、大学だけは祖父母のためにも出てほしいといっていました。

ある日、ゼミの先生に呼び出されました。「お前は学校にも来ないで、将来どうするんだ?」と聞かれた時、僕はここで正直に話そうと思ったんです。「やっぱり建築を一生の仕事としてやっていくというのは難しいと思っています。だけど家庭の事情で学校をすぐには辞められないのです」と先生に事情を話しました。

すると、「そうか、がんばれ」と理解してくれて、アルバイトをフルに続けながら大学卒業できるように抜け道を作ってくれたんです。そのとき先生に後押しをしていただいたおかげで 、料理人になるという僕の気持ちが決まったと思います。今でもその先生に感謝しています。