inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
6. I can live and work here

Before I came here, I desperately wanted to live and work in America. I guess I wanted to do things differently for myself rather than just pursue the art of cooking. When I came to Novato, California for the first time my instincts told me this is where I would live and work.

After graduation I came back to live in Novato and shared an apartment with a guy who was a few years older than me. He used to work at a high-end Japanese restaurant and stayed here illegally like myself. He applied for a green card about 2 years after I started living with him.

At that time, it was almost impossible for a chef to obtain a visa in the US. The norm was to enter and stay illegally and apply for a green card after a few years. I heard these things from other people but didn't do extensive research myself. I knew I wouldn't be able to go back to Japan for 5 or 10 years but it would be the right decision in the end.

6. ここでやっていける

あの当時は、料理がどうのこうのっていうよりも、まずアメリカに住みたい、アメリカで仕事をしたいというええ格好しいの気持ちが強かったですね。ノバトというこの町をみたときに、直感でここでやっていけるなって思ったんですよね。

大学を卒業してからノバトにきて、4つ上の先輩とルームシェアをしていました。日本では高卒で高級料亭に入って働いていた人でしたが、なにかのつながりでマサさんの所に来て、同じように3年ほど不法滞在して働いていました。僕が来て2年くらい経った頃、その人がグリーンカードの申請を始めたんです。

当時、アメリカで料理人のビザを取るのは、まず不可能に近いというくらい難しかったんですよね。もぐりで入って不法滞在をして、グリーンカードを申請していくっていうのが普通だったんですよ。僕も、自分でちゃんと調べた訳でもなく、周りの人から聞く情報だけで。5年、10年は日本に帰れないけど、それでなんとかうまいことなるもんだと思っていたんですよ。