inspiration

THE PEOPLE & THINGS THAT INSPIRE US
9. Japanese cuisine in Kyoto

When I realized there were 9 more years before I could enter the US legally, I decided I wanted to use that time to learn more about classical Japanese cuisine. I wanted to study the origins of Japanese cuisine from Kyoto. I felt a connection to this task because my parents are both from Kyoto.

By chance, there was a chef from Kyoto working in the same restaurant as me. I told him about my desire to go to Kyoto to learn classical Japanese cuisine and he gave me the contact information of a teacher at a culinary school there. So I wrote the teacher a letter.

I explained everything including my experience of being deported. The teacher found my story interesting. I went to see him in Kyoto and he introduced me to several good restaurants. I visited each of those restaurants on his recommendation and decided to work in one called Juntei.

9. 京都でクラシックな日本料理を学びたい

アメリカに入れるようになるまであと9年もあることを考えたときに、もっとクラシックな日本料理を学びたいと思ったんです。父母が京都出身だったし、日本料理イコール京都という部分があって、京都で日本料理の原点を勉強したいと思いました。

たまたま、当時同じ板場で働いていた人で京都から来ていた人がいたんですね。その人に「実はもう一度日本に帰って勉強したいんですけど」という話をしたら、京都の調理師学校の日本料理の主任の先生の連絡先を教えてくれたんです。それで一か八か、その先生に手紙を書いてみました。

強制送還のこともすべて伝えたのですが、僕に興味を持ってくれました。その先生に会いに行っていろいろお話しさせていただいた後、京都のいい料理屋さんを紹介してくださるということになりました。お勧めしていただいた候補のお店を見て、最終的に筍亭という京料理の料亭で働くことにしたんです。